電子書籍

電子書籍「Amazon kindle」アプリの便利機能7選!

Amazonkindleアプリの便利機能7選

電子書籍の代表格といったらAmazonのkindleですね!

僕もkindleアプリを愛用しています。

そこで、kindleの便利だなと思った機能を7個ご紹介します。

電子書籍って何?という人はこちらをご覧ください。

電子書籍初心者への解説
電子書籍とは何か?今さら誰にも聞けない15の疑問を徹底解説!電子書籍に興味ある人! 今から電子書籍を読もうかなと思ってる人! 電子書籍と本の違いや、電子書籍のメリット・デメリット! どんな電子書籍ストアがあるのかなど、電子書籍についての疑問を解決します♪...

キーワード検索

キーワード検索と言えば、定番中の定番ですね!

特定の語を検索する機能です。

使い方としては、「あれ?この単語どこにあったっけ?」というときに使います。

検索すると、その単語に該当したページと、検索したキーワードの前後の文が表示されます。

串刺し検索

上述で、説明したキーワード検索を使うと、検索した文字が記述されているすべてのページの、検索ワードを含んだ、前後の文が一覧表示されます。

これを串刺し検索と言います。

どういう時に使うかというと、主にそのキーワードがどんな文脈で使われているかを知りたい時に使用します。

検索は、一番上にこのように表示されています。

検索ワード

キーワード検索アイコンタッチすると↓のように開くので、調べたい単語を入力します。

検索結果

実際にそのページに飛びたいのであれば、その該当箇所をタッチすればジャンプできます。

戻りたいときは、検索ボタンを押すことで一覧に戻れます。

用語を索引してくれるX-Ray機能

Kindleには、独自サービスの「X-Ray」と呼ばれている機能があります。

X-Rayは、電子書籍の中に登場する

  • 人物
  • 画像
  • 地名

といったよく登場するキーワードを、書籍内のどのあたりで出てきているかを示してくれるバーを、一覧で表示してくれます。

しかも「人物」と「トピック」は、Wikipediaから抜粋した説明記事が載っているので、読書中に分からないことがあった場合でも、いちいちブラウザで検索する必要がないのでとても便利です。

索引に近い機能ですね!

使い方の説明
  1. kindleアプリのサイドメニューのボタンをタップ
  2. X-Rayをタップ
  3. X-Rayに登録されているキーワードの一覧が表示される
  4. 上部のメニュータブの切り替えで、キーワードのジャンルを選択する事も可能
  5. キーワードのタップで、用語の解説と掲載ページが表示されます

メモとマーカーの書き出し機能

マーカー機能とは、線を引く機能のことを指します。

紙の本を読んでいる時も、重要だと思ったところにマーカーを引くことありますよね。

後で読み返したい箇所にもマーカーを引いたことがある人もいるかと思いますが、電子書籍でもマーカーを引くことができるんです!

こんな感じで引きたいところを選びます

それぞれマーカーの色はこんな感じです

 

他にもメモ機能が搭載されているのですが、メモ機能とは紙の本への書き込み的な感じです。

読書しながら気づいた内容や要点を、電子書籍に書き込むことができるのです。

タップすると下記の様にメモを取れます

そして、マーカーを引いた場所や、メモを確認したい時は下記の場所をタップ

Kindleでは、書籍に引いたマーカーとメモを一緒に一覧として表示できます。

外部ファイルへの書き出し(MacPCのみ)

この、外部ファイルへの書き出しはMacパソコンのみということを、注意してください。

そして、著作権保護の観点から、エクスポート出来るページ数に制限があるのでご注意を。

マーカー箇所とメモの一覧は、外部ファイルとしても書き出すことが可能です。

書き出し後のHTMLを、テキストエディタなどにコピペして保存しておくと、Kindleがない環境でも一覧を見返せます。

これは非常に便利な機能ですね!

外部ファイルへの書き出しの方法はシンプルで、Mac版のKindleのノート一覧画面から、書き出しアイコンをクリックするだけでオッケー。

画面の明るさや文字の大きさ・書体の変更

スマホやタブレットだと、周りの環境や画面の大きさにより読みやすさが全然違います。

Kindleでは、画面の明るさや文字の大きさ・書体などをあなた好みに変更することが可能です。

フォント・レイアウト・テーマから選べます

上が明るく文字が大きい、下が暗く文字が小さい

背景はこんな感じで変えれます

  • 明るさを落としたり、背景を「セピア」や「黒」に変えることで、視認性が改善
  • 画面が小さいときは、文字を大きくし、行間を広く表示することで読みやすさが向上

など

電子書籍リーダーのモノクロとは違い、カラーで読める点も嬉しいですね。

ただ、雑誌やコミックのように固定レイアウトの書籍はスマートフォンでは読みにくいので、タブレットのような大きな画面で表示できるものを用意するなど、使い分けると良いかもしれません。

単語の意味をすぐ知れる電子辞書機能

Kindleは電子書籍なので、電子的な機能が多数搭載されています。

その中でも特におすすめなのが電子辞書です。

画面を長押しし、選択した単語の意味や翻訳が表示されるのです。

意味がよくわからない単語や、英文、単語がよく出てきますが、ほとんどの単語は、インターネットの辞書やWikipediaを通じて調べることが可能です!

まとめ

kindleアプリの便利機能についてご紹介してきましたが、どうでしたか?

紙の本にはできない、電子ならではの機能がたくさんでとても便利だと感じました!
電子書籍ならではの機能が盛りだくさんだったね!
たの太郎
たの太郎

みなさんも、今回ご紹介した便利機能を、今すぐ試しましょう!

プロフィール
電子書籍とVOD(ビデオオンデマンド)について誰にでもわかりやすく届くよう、情報を発信中♪ twitterもやっていますのでよろしくどうぞ♪ 名前:たの太郎 居住地:熊本在住 O型に良く間違われるA型←え。 誕生日 1989年12月4日生まれ 年齢:30歳
\ Follow me /